木材保存剤等審査会

tel:080-9550-4451

公益社団法人木材保存協会:木材保存をあらゆる角度からとりあげて調査研究し、その成果を社会に広めるために活動しています。

公益社団法人日本しろあり対策協会:しろあり駆除防除を通じて家を守る公益法人です。

お知らせ

  • ・ 新審査体制(「木材保存剤等審査会」)への移行について

当審査事務局は、公益社団法人日本木材保存協会および公益社団法人日本しろあり対策協会の木材保存剤等の認定に際し、これまで両協会が公益財団法人日本住宅・木材技術センター(住木センター)に委託してきた保存性能および安全性に関する審査業務を、本年7月から住木センターに替わって受託する新組織「木材保存剤等審査会」を立ち上げ、新審査体制へ移行します。

これにより、審査業務の効率化と経費負担の軽減を図ってまいります。

また、「木材保存剤等審査会」は審査機関として、今まで通り第三者性(中立性)、公平性、透明性および信頼性を十分に確保し、業界の適正な発展に貢献してまいります。

具体的には、7月の更新申請および9月の新規・変更申請から「木材保存剤等審査会」が受け付け、審査を行いますので、よろしくお願い申し上げます。。

尚、「木材保存剤等審査会」になりましても、新規申請、変更申請および更新申請のいずれの場合にも、提出いただく「申請書および添付資料」の要件に変更はありません。また、申請料と審査料も変更せず、現行の料金を維持・継続いたします。

このため、7月に更新申請をされる方および9月に新規申請あるいは変更申請を計画されている方は、添付資料の準備は先に進めていただいても支障はありませんが、申請の手続きは7月6日(月)以降に行うようお願い申し上げます。

「木材保存剤等審査会」のホームページは7月6日(月)から閲覧していただけるように開設する予定です。

本件についてご質問等がございましたら、当審査事務局までご連絡ください。
(電話:080-9550-4451/メール:連絡先

(2020年6月16日 木材保存剤等審査事務局)

  • ・土壌処理用防蟻剤等の試験法及び申請に関するお知らせ

かねてから保存剤等審査事務局で検討してまいりました「土壌処理用防蟻剤等の性能基準及びその試験方法(2018)」が、(公社)日本木材保存協会および(公社)日本しろあり対策協会において、各協会における土壌処理用防蟻剤の認定に際して用いる試験法として採用されました。ついては、2019年3月1日から、この試験法によって作成された成績書に基づく申請を受け付けます。

なお、改正前の「土壌処理用防蟻剤等の性能基準及びその試験方法(2011)」によって作成された成績書に基づく申請についても、2020年3月31日まで受け付けます。

(2018年10月3日第2回企画運営委員会決議)

※変更ヶ所は何れも赤文字になっています。

開催行事のご案内

第1回 審査事務局規約・要領等改定に伴う説明会

日時
平成27年10月19日(月)午後14時~
会場
外部リンクエッサム神田ホール 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2